スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
時をかける少女 (アニメ版)


物語は原作から20年後のお話で、主人公は芳山和子(83年版で原田知世が演じた高校生)の姪、紺野真琴。
いや、そんなあらすじはこの際どうでも良い。(え?)
今、見終わってすっごい心臓がバクバクしているんですけど私…


運命の映画に出会ってしまいました!


もう何か素敵すぎて半分放心状態でブログ打ってます(笑)


和子が今でも大事に飾ってある写真とか、真琴の家の縁側が映画版の縁側と少し似てるとか、昔の物語ファンにも懐かしい部分もあって面白い。

私は断然、功介が好きですね。
あ、でも千昭もいいですよー。ラストのセリフにやられちゃった。
いやぁーでもやっぱ功介!!(どうでもいいわ。爆)

真琴が号泣するたびに私まで号泣しそうで…なんだか汚い心が洗い流された感じだな。
このレンタル返却したくない気分です(笑)

うわー興奮しすぎて、ちっとも文章がまとまってないや
【2009/06/19 00:01】 | 映画・DVD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<そして… | ホーム | 時をかける少女 (83年版)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://suchan46.blog82.fc2.com/tb.php/685-3e6820e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。