スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

 
時をかける少女 (83年版)


子供の頃、初めて父に連れて行ってもらった映画です。
何年ぶりに見たんだろう?
たぶん大人になってからTV放映を1回くらいは見た気はするんですが、ちゃんと見ようと思って見たのは何十年ぶり(笑)
あの時には何とも思わなかったシーンに目がいきましたね。
尾道の美しい風景や老夫婦のやり取りの深さに感動したりして。
あと、この時代の高校生って、すごく言葉遣いが丁寧なことに気づきました。
女の子の言葉遣いって本来こういうものだって、普段の自分の言葉遣いも含めて反省。
ラベンダーという花があることも、この映画で覚えました。

ガイドブック片手に尾道行きたいなー。
【2009/06/17 23:24】 | 映画・DVD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<時をかける少女 (アニメ版) | ホーム | 最後のビール>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://suchan46.blog82.fc2.com/tb.php/684-5f085633
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。