FC2ブログ

 
再びマリーアントワネット
実は実は、また「マリーアントワネット」を見てしまいました!
初日にRAM子が一緒に行けなかったんだけど、私は何度見ても良かったのでお供しました(笑)



少しネタバレ。

14才から30才過ぎまでを演じているキルスティン。
表情の微妙な変化まで私にはホント完璧!
オーストリアとフランス国境での引き渡しの際、愛犬モップスを取り上げられてベソをかいたり、色んな人に見られながらの食事中、ルイや周りの人々を好奇心旺盛な表情で見渡すシーン等では人懐っこい初々しさが愛らしい
一方、唯一頼れるはずのルイと肉体的になかなか結ばれず、冷たい目に晒され孤独感やプレッシャーに押し潰されそうに繊細な表情、人間扱いされないベルサイユでの孤独から、享楽的な楽しさに溺れていくマリーも魅力的でした。

母となり王妃としての自覚に少しずつ芽生え始めてきたマリーだけど、時すでに遅し。
映画はすぐそこに迫るブルボン王朝崩壊を匂わせて終わりますが、キルスティン演じるマリーもきっと気高く死んでいくんだろうと思わせる、静かなエンドでした。

とにかく音楽のセレクトと衣装や美術のセンスはがかり的!!
DVDも絶対欲しい。
【2007/02/04 13:20】 | 映画・DVD | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<きょうのぶちゃこ | ホーム | なんくるないさ~>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://suchan46.blog82.fc2.com/tb.php/373-35007543
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |